症状別ブログ

【外反母趾はサポーターで改善するのか?】

 

外反母趾の痛みや、

親指の変形でお悩みで、

病院に行きサポーターを処方されたり、

ネット検索で出てくる

外反母趾グッズの1つのサポーターを購入しようかな

と迷っている方もおられるかもしれません。

 

外反母趾の痛みや、

親指の変形を改善させたくて、

ワラにもすがる思いでサポーターのような

外反母趾グッズを考える気持ちも分かります。

 

しかし、

当院に来られるまでに、

外反母趾専用サポーターを使った事がある方も大勢おられます。

 

ほとんどの方が、

 

「1年位使ったけど全く良くならなかった…」

 

「かえって痛くなった…」

 

「サポーターをつけてる時は親指が少し真っすぐになるような気はするけど、外すとまた曲がったまま…」

 

なんて、ネガティブな感想ばかり。

 

なぜ外反母趾専用サポーターは根本的な改善にはならないのか?

外反母趾で一番気になるのは、

足の親指のくの字に曲がってしまう変形ですよね。

 

「それをサポータ-で伸ばす力を、

加えると良いのではないか?」

 

と考える気持ちは良―くわかります。

 

 

しかし、

外反母趾の本質は親指の変形にあるのではないんです。

 

外反母趾になるメカニズム

 

簡単に説明すると、

 

❶間違った歩き方、足の使い方

❷オーバープロネーション(過剰回内)になる

❸足の横の幅が広がる

❹そのまま親指に過度な負担を掛け続け歩く

❺足の親指が変形してくる

 

上記については、こちらページで詳しく説明しています(他にも色んなページで説明していますので、読んでみて下さいね)

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

外反母趾のメカニズムについての詳細はこちら

 

という事は足の親指が変形してしまったというのは、

❶~❺のうちの、一番最後の結果になります。

結果だけ変えようとしても、無理なんです。

 

根本的に改善しようと思えば、

❶の間違った歩き方、足の使い方から

正していく必要があるんですね。

 

なぜ悪化させてしまう事もあるのか?

 

外反母趾になる過程で、

❸の足の横の幅が広がります。

 

外反母趾でお悩みのあなたも、

幅の広い靴を選ぶようになっていませんか?

 

「くの字に曲がった親指が当たるから、

そういった靴を選んでしまう」

 

と思っている方もおられますが、

実は、

足の横幅が広がってしまっているからなんです。

 

という事は、

 

外反母趾=足の横幅が広がる病気

 

という事が言えます。

 

足の横幅が広がっているのに、

サポーターで、

足の親指を無理やり伸ばす方向に引っ張ると

余計に足の横幅が広がる力が加わります。

 

そうなると悪化してしまうんですね。

 

 

ということは、

足の親指を伸ばすようなサポーターは、

 

『形だけにとらわれてしまっている』

 

ということになります。

 

足の親指が曲がっている≠親指を伸ばす

 

その為、

根本的な改善に繋がらないだけでなく、

悪化させてしまう事もあるんです。

外反母趾を根本的に改善するには

 

足の親指が曲がってしまっているから、

サポーターで伸ばすではなく、

 

『なぜ、外反母趾になってしまったのか?』

 

という事を考えれば、

歩き方から変えていく必要があるという事。

 

正しい足の使い方や、

歩き方が出来るようになれば、

外反母趾の痛みに関しては、

さほど時間が掛からずに感じなくなります。

 

それを継続していくと、

足の横幅も狭くなるんですね。

 

本当の意味での外反母趾の改善とは?

 

❶痛くなくなる

❷足の親指の角度が変わる

❸足の横幅が狭くなる

 

❶~❸全てが改善しないと根治とは言えません。

 

当院で正しい歩き方を身に付けて、

それを継続し、

❶~❸すべてが改善している方が大勢おられます。

 

あなたも1度、

『理にかなった正しい歩き方』

を体験してみませんか?

 

ご予約・お問合せ・ご相談は下記までお気軽に!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)

 

LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

 

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。