歩行指導について

膝・股関節痛・外反母趾など足に関連する疾患でお悩みの場合、症状のある患部をどうやって治療するのかと考える方が非常に多いです。

整形外科や治療院の先生でさえ、そう考えて治療されているケースは少なくありません。

 

しかし先程の足に関連する症状は、間違った歩き方や、負荷の掛か掛かる無理な足の使い方の為に生じてしまっているケースが、本当はとても多いのです。

 

ほとんどの方が、生まれてから歩き方を教わらなくても、いつの間にか自然に歩けるようになり、そのまま大人になって歩く、走るなどの日常生活動作をしていますので、歩行について深く意識した事はないのではないでしょうか?

 

「まさか私の歩き方に問題があって痛くなっているのかも」等とは考えたことすらないかもしれませんね。

 

しかし野球でバットを振る時でも理に適ったスイングフォームがあります。

 

力任せに思い切りバットを振っていると、すぐにどこか痛くなってしまいます。

 

お箸の使い方ひとつでも、正しい持ち方があります。

 

同じように足にもその骨格構造上、自然で無理がない理に適った動かし方や、歩き方のフォームがあるんです。

 

これを生体構造力学(バイオメカニクス)といいます。

 

元々身体に備わっている自然治癒力により、擦り傷や切り傷は治っていくのにも関わらず、膝・股関節痛・外反母趾などが慢性疾患に移行してしまい、なかなか治らなくなってしまうのは、先ほど説明した「間違った負荷の掛かる無理な動作の継続」という生活習慣上での問題があるのです。

 

特に人間は全身を二本の足で支えています。

 

その為、「間違った足の使い方」の影響は足だけではなく、全身に影響します。

 

下記の疾患・症状は間違った歩き方・身体の使い方から生じます。

あなたにも当てはまるものがあるのではないでしょうか?

 

その影響は疾患としてだけではなく、見た目の問題としても現れてきます。

 

具体的には「ぽっこりおなか」「太ももが太い」「お尻の横幅が広がり垂れる」「巻き肩」「猫背」などです。

 

これらを気にされている方はとっても多いですよね。

 

上記のような身体の状態に対して「これは私の間違った歩き方のせいかも」と気づいたとしても、その歩き方の間違いを正してくれたり、正しい指導を受けることの出来る施設はなかなか見当たりません。

 

せいぜい見た目の美しさに特化したモデルウォーキングや、2本のストックを使用したノルディックウォーキングを教える教室があるぐらいでしょう。

 

足の問題を本当に解決するためには、エビデンス(根拠)のはっきりした【健康のための正しい歩行指導の出来る施設】が必要となります。

 

当院でお伝えしている「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」という歩き方は、「屈曲歩行」「二軸歩行」をベースとした、人体の骨格構造に逆らわず、身体に無理の掛からない自然な歩き方になります。

 

ネイティブウォーキング協会代表の中島先生が、足の疾患や症状の根本的解決を研究していく過程で、アメリカの足病医学と出会い、その理論をベースにこの歩行指導メソッドを開発しました。

 

実際の臨床現場で足の症状でお悩みの多数の患者様にご協力をいただき、試行錯誤を繰り返して作り上げた歩行指導メソッドです。

 

エビデンス(根拠)もしっかりしており、理論の上で理に適っていることはもちろんですが、その改善実績も確かなものがあります。

 

生まれてから今まで何十年という長い間、正しいと疑わず無意識に続けてきた歩き方をいきなり変えることは容易ではありませんが、その指導方法にも独自のメソッドが確立されています。

 

もちろん努力は必要としますが、80歳を超えるご高齢の方や、杖をついている状態の方でも習得が可能です(ネイティブウォーキング協会実績あり)特徴としては、足の問題の大きな人ほど、今までの歩き方とは180度異なる歩き方に感じる事です。

 

しかし理にかなった自然な歩き方を初めて体験したほとんどの方々がその瞬間に、「衝撃を受ける位の足の軽さにびっくりしました」とおっしゃいます。

 

まずはぜひ一度、ご体験いただければと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。