症状別ブログ

すねの内側の痛み【シンスプリント】

こんな症状でお悩みはありませんか?

  • 走ったりジャンプするとすねの内側が痛い
  • 歩くだけでもすねの内側が痛い
  • すねの内側が痛むがウォーミングアップをしていると痛みがなくなる。
  • スポーツ活動後半にすねの内側が痛みだす

 

上記の症状のある方は、シンスプリントの可能性が高いです。

 

過労性(脛骨)骨膜炎などとも呼ばれます。

 

※出典 Human Anatomy Atlas VISIBLE BODY

 

すねの内側の痛み【シンスプリント】は中高生の部活動を頑張っている女の子などによくみられます。

 

特にクラブを始めたばかりや、練習量が急に増えた人に多いです。

 

新入部員は休みにくかったり、メンバーに選ばれる為には休みたくなかったりすると思います。

 

でもそのせいで適切な処置をせずに、そのままクラブ活動を続けていると下記のような経過をたどっている人が多いです。

 

 

❶初めはすねの内側に違和感を感じる。

❷ウォーミングアップを終えた頃には、違和感は無くなる

❸そのまま部活動を続ける

❹「違和感」が「痛み」に変わってくる。

❺そのまま適切な処置をせずに部活動を続ける

❻走ったりジャンプするとすねの内側が痛い状態になる

❼アイシングやテーピングをしながら部活動を続ける

❽普通に歩くだけでもすねの内側が痛くなり日常生活にも支障がでる

 

 

の状態になってしまうとすねの内側の痛み【シンスプリント】もかなり進行してしまっています。

 

整形外科や整骨院へ行き、電気治療やマッサージを受けるがなかなか改善しない。

 

インソールを勧められ使ってみるがよくならず…。

 

ついには部活動を長期離脱しないといけない。

 

そんな状態になり当院にお越しになる事の多い症状です。

 

原因は「使い過ぎ」とか「オーバーユース」と言われます。

 

同じように練習していても、なってない人もいるのに、その差は何でしょうか?

 

実は、足の使い方に問題があったのです。

 

出典:一般社団法人ネイティブウォーキング協会

 

【すねの内側の痛み シンスプリントの本当の原因】

 

『本当の原因は何か?』

 

本当の原因はこのホームページの色んなページで何度も出てきているオーバープロネーション(過剰回内)なんです。

 

出典:一般社団法人ネイティブウォーキング協会

※オーバープロネーション(過剰回内)の詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

それにより筋肉や関節の使い方に偏りが出てしまい、

 

筋緊張や筋疲労が極端に起こりすねの内側に負荷を掛け炎症が起きてしまっているんです。

 

 

【どうすればすねの内側の痛み シンスプリントは治るのか?】

 

結論から申し上げますと、

 

『理にかなった足の使い方をする!』

 

という事がすごく大事になります。

 

言い換えれば

 

『すねの内側に負荷がかからない足の使い方が出来るようになる!』

 

というのが完治までの効率の良い最短で方法になります。

 

ストレッチや、患部のアイシング、テーピング等をして一時的に痛みを緩和させても、

 

間違った足の使い方のままだとまたすぐに痛みだし、完治しないからです。

 

それでは「正しい足の使い方とはどういう風に使うのか?」というと、

 

まずは歩行時のオーバープロネーション(過剰回内)の改善が必要です。

 

出典:一般社団法人ネイティブウォーキング協会

※オーバープロネーション(過剰回内)の詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

 

 

陸上競技の選手に多いことからも、走る際のオーバープロネーション(過剰回内)についても考えなければいけませんが、

 

まずはもっと日常生活動作で頻度の高い『歩き方』から変えていく必要があります。

 

ランニング時のオーバープロネーション(過剰回内)の状態を、

 

練習が終わってからの日常生活動作時にも持ち込んでしまっている可能性が高いからです。

 

いきなり『走り方』を変えるよりも『歩き方』から順を追って変えていく方が、

 

効率よくオーバープロネーション(過剰回内を改善できます。

 

「歩行時」オーバープロネーション(過剰回内)が改善すれば、『走り方』にも繋がります。

 

まず、当院で指導している『ゆるかかと歩き』で実際に正しく歩けると、

 

すねの内側の痛みに関してはその場ですぐに感じずに歩けるようになります。

 

もちろんすぐにすねの内側の骨膜の炎症がなくなるわけではありませんが、

 

『ゆるかかと歩き』を習得していただき正しい足の使い方が出来るようになれば、

 

それを継続していくとすねの内側の負荷はなくなります。

 

すねの内側の痛み【シンスプリント】の症状の改善を希望して来院された方の多くは、

 

痛みを庇った姿勢や歩き方、ランニングフォームになってしまっていますので、

 

それにより併発していた腰痛や膝痛、股関節痛等の症状も感じている場合が多いですが、

 

「腰痛がなくなりました」

「膝痛がなくなりました」

「長時間走っても足にマメが出来なくなりました」

 

等、治す気で来たはずではない症状も改善し、多くの喜びの声を頂いています。

 

身体の土台である2本足に問題が出ると、それより上に支障がでるのは当たり前です。

 

逆に言うと、足の問題を解決すると土台が安定するので、

 

それより上の問題も自然に改善してしまうという事です。

 

という事は、腰痛や肩こりなど足から上の症状を改善する為には、

 

先に足の問題を解決すべきというのがご理解いただけるのではないでしょうか?

 

『オーバープロネーション(過剰回内)状態』「歩く」・「走る」をしてしまっていると、

 

日々症状が悪化していきます。

 

すねの内側の痛み【シンスプリント】の完治の為には、1日でも早い対処が必要です。

 

当院で指導している『ゆるかかと歩き』を体験していただけると、

 

今までの歩き方がいかに間違っていたのかという事に気づいていただけると思います。

 

『痛くな~い!!!』と体験された皆さんが口を揃えておっしゃいます。

 

すねの内側の痛み【シンスプリント】でお悩みの方は、ぜひ1度『ゆるかかと歩き』を体験してみて下さい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。