歩き方について

早歩きが足を痛める理由とは?

『早歩き』=健康に良い

というイメージやそういう情報も多いですよね。

あなたはそう思っていませんか?

 

実は、

『早歩き』は足に対してはダメージに繋がることがとても多いのです。

このページではその事について解説しますね。

 

当院でお伝えしている『ゆるかかと歩き』で歩いてもらうと

「とてもスピードが遅く感じます」

と言われる場合があります。

 

今までの歩き方と真逆で、慣れていないから遅く感じる

という事もありますが、

 

そもそも、

『歩く』とは、スピード上げる為の足の使い方ではないのです。

 

なぜ早歩きは足に良くないのか?

 

  • 『歩く』には、「歩く用」のフォームや足の使い方
  • 『走る』には、「走る用」のフォームや足の使い方

 

があります。

 

例えば、食事の時に使う

フォークは食べ物を刺して、口に運ぶのに適しているが、

スープをすくうのには向いていません。

 

スプーンはすくうのに適しているが、

食べ物を刺すのには向いていません。

 

何事にも適材適所で、それに合った形や使い方があるという事です。

 

『走る』『歩く』の大きな違いはスピードですよね。

 

スピードが上がる足の使い方が『走る』

スピードは上がらないが、燃費の良い足の使い方が『歩く』

 

という事になります。

 

上記のように『走る』と『歩く』は全く違うものです。

 

つまり

『早歩き』というのは、

 

「本来スピードを上げる為のフォーム」(走る)

なのに、

「走る時のフォーム」でスピードを落とした足の使い方をしている

という事になります。

それは足にはとても負荷の掛かる使い方になんです。

 

 

もう少し詳しく説明すると、

 

❶スピードを上げる為にはエネルギーが必要

↓↓↓↓↓↓

❷その為に、地面をしっかり蹴る

↓↓↓↓↓↓

❸それがエネルギーになってスピードが上がる

 

❶→❷→❸は『走る』時にスピードが上がる流れです。

 

しかし、『早歩き』では

地面を蹴ったエネルギーをスピードに繋げようとしても、

「歩くフォーム」のままなのでエネルギーを十分に伝えられず、

スピードは上がり切らない。

 

そうすると、使いきれなかったエネルギーが、

筋肉や足に掛る為、痛めたり疲れたりする事に繋がるのです。

 

「走るフォーム」は前傾姿勢になります。

前傾になればなる程、地面を蹴る足の使い方になり、

そのエネルギーはスピードを上げて前に進む力になります。

 

しかし、『早歩き』の時の体を起こした姿勢(歩く時のフォーム)で

地面を蹴ってしまうと、

そのエネルギーはスピードを上げて前に進む力に変換できない為、

無駄な労力で力の伝達の効率がとても悪くなります。

 

その為、早歩きをする人は、

足を痛めていたり、

足に問題を生じている場合が多いです。

 

つまり、『走る』と『歩く』では目的が違う為、

その時の足の使い方は全く別物と考えた方が良いという事です。

 

少しややこしい話になりましたが、お分かり頂けましたでしょうか?

 

あなたがもし、

「健康の為」「ダイエットの為」にと、

意識的に『早歩き』をしていたとしたら

そのせいで、外反母趾が治らなかったり、悪化したり、

その他足の問題に繋がっているかもしれませんね。

 

ご予約・お問合せ・ご相談は下記より





    午前(8:00~12:00)午後(13:00~17:00)夜(17:00~19:00)

    LINE、お電話ではこちら

    LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    友だち追加

     

    0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)