モートン病

【モートン病】足を着く度、激痛と指先の痺れで困り果てていた女性の改善例(60代 教師 河内長野市)

ご来院までの経過

Tさんは、3か月位前から右足の第3趾、4趾の間に痛み,

指先には痺れを感じ出していました。

 

初めは病院で診察を受け

 

「モートン病ですね。しばらく痛み止めを飲んで様子を見て下さい」

 

と言われました。

 

言われたままに、様子を見ていましたが治る気配は全くなく、

どんどんと痛みも痺れも増していきました。

 

とうとう歩く度に、前足部の3趾と4趾の間~指先に掛けて

激痛が走るようになり、

 

普通に歩くのすら支障が出るようになってしまいました。

 

それをかばうせいで、肩こりや腰痛まで悪化…。

 

『このままだと仕事が出来なくなる…』

 

と大阪府河内長野市から、お越しになりました。

 

初診時の足の状態(足の圧力)

【足の問題点】

①浮き指・②前足部に掛かる圧が弱い


①左右共、3~4趾が地面に接地していません。

 

②前足部に掛かる圧も弱い状態です。


このままの状態で足を使うととても不安定になります。

それを他の部分に力を入れて安定させる使い方になってしまいます。

 

その結果、足の第3、4趾の付け根付近に

過度に力を入れるような足の使い方が続き

 

第3、4趾の間を走っている神経に、

神経腫呼ばれる、こぶのようなものが出来てしまい、

それが段々大きくなり

そこを踏みしめるたびに激痛が走るようになっていました(モートン病)

 

それをかばうような足や体の使い方になるので、

肩こりや腰痛まで悪化していました。

 

 

当院で使用している大学病院等でも使用されている、

フットルックという専用機器で計測すると、

このような足の詳細な状態も知ることができます。

通常のレントゲンではこういったことは分かりません。

初診時の足の状態(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

 

2022.12.3 左足 右足
外反母趾の親指の親指の角度 18.5° 11.9°
内反母趾の小指の角度 17.5° 19.0°
足の横幅 9.2cm 9.2cm
ウィズサイズ 2E 2E

 

ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

初診時の主訴

モートン病による前足部の3趾と4趾の間~指先に掛けての強い痛み

でお困りでお越し頂きましたが、

 

専用の機器で計測すると

 

左足の親指の角度は、18.5°外反母趾の状態です。

(15°以上で外反母趾)

 

足の小指の角度も

左足: 17.5°

右足: 19.0°

中程度の内反小趾でした。

 

それ以外にも、

肩こり・腰痛

も感じておられました。

症状の経過

 

Tさんはモートン病・外反母趾・内反小趾・腰痛・肩こりを治したい一心で、

大阪府河内長野市からご通院頂きました。

 

その後、治療を重ね

 

治療期間:約4か月

通院回数:10回

 

後に測定すると、足の状態は下記のように変化しました。

After(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

 

 

After(数値での変化)

2023.4.8 左足 右足
外反母趾の親指の角度 18.5°12.0° △6.5° 11.9°9.5° △2.5°
内反母趾の小指の角度 17.5°15.8° △1.7° 19.0°17.4° △1.6°

 

とてもお困りだったモートン病は、

全く痛くなく歩けるようになったのはもちろん、

腰痛も肩こりも感じなくなりました。

足の裏全体に体重が掛かるようになり、浮指も改善しました。

外反母趾・内反小趾の角度も変わりました。

 

※下記、ビフォアーアフター画像を参照

 

外反母趾の角度の変化

 

 

足圧分布の変化

 

治療期間:約4か月

通院回数:10回

 

『仕事で忙しく走り回っても全く痛くなくなり本当に良かったです。

あのまま痛み止めを飲んで様子をみていたら、今頃どうなっていたんだろうと考えるとゾッとします。

モートン病の痛みで来させて頂きましたが、

全然気にしていなかった外反母趾まで改善してホントにビックリです!

歩き方を正しただけで、足だけでなく腰痛、肩こりまで良くなるんですね

 

と大変喜んで頂きました。

 

ご感想

 

ちなみにですが、Tさんは、巷で良いと言われる

『大股でしっかり地面を蹴りだして歩く』

を日常的に意識していたそうです。

治療を開始してすぐにそれは止めて頂きました。

そうすると

「あっ、痛みなく歩けます。なんで!?」

とびっくりされていました。

すぐに神経腫がなくなるわけではありませんが、

体に負担の掛からない理にかなった歩き方(ゆるかかと歩き)をすると痛みに関しては、

さほど時間かからずに感じなくなる方がほとんどです。

中には、直ぐに痛みを感じなくなる人も。

それを継続することで、神経腫もいずれなくなります。

 

ということは、

『大股でしっかり地面を蹴りだして歩く』

意識のせいで、モートン病になり最終的には足を着く度に激痛が走る程悪化してしまったと考えられます。

健康の為にウォーキングをしている方、とっても多いですよね。

その中には同じように、『大股でしっかり地面を蹴りだして歩く』を意識している方も多いのではないかと思います。

ウォーキングの目的がダイエットやカロリーを消費したい場合はそれでも良いと思いますが、

健康を維持したいや病気の予防が目的の場合にはその歩き方は向いていないんです。

それをすればするほど悪化させている方も山ほど診てきました。

 

ほとんどの方の歩き方は、無意識で体に染みついたものです。

ご自分の歩き方が正しいかどうかなど分かりませんよね。

 

よかれと思って意識している歩き方が実は間違っていて、そのせいで悪化させているとしたら…。

 

あなたの歩き方を正せば、外反母趾やモートン病をはじめとする足のお悩み、腰痛、肩こり迄改善する可能性は大ですよ!

 

モートン病や外反母趾を本気で治したい方は、

先延ばしにせず、1日でも早くご相談下さい。

 

あなたのモートン病や外反母趾の本当の原因と治し方をお伝えします。

まずはそこからです!

ご予約・お問合せ・ご相談は下記より


    「私でも治りますか?」「痛みはないですが、見てもらえますか?」などのご相談は、LINEで無料で承り中(24時間365日)ご相談お待ちしております。
    ↓ ↓ ↓
    友だち追加

    ↓もう足チェックの予約をする方は、こちらから

    ご予約いただいた方には、

    どうすれば外反母趾が改善し楽に歩けるようになるかを見える化した現在の足の状態
    どうすれば外反母趾が改善し、楽に歩けるようになるかを見える化した現在の足の状態を「プリントアウト」した説明書をプレゼント!
    を「プリントアウト」してプレゼント。

    ↑コレきっと改善のお役に立ちます。

    さらに、「今すぐ」希望日を

    • このページか

    • LINE

     

    で教えて頂いた方限定で、

    正しい靴の選び方マニュアル(1枚・非売品)
    外反母趾を悪化させない靴の選び方
    をプレゼント。

    迷ったら希望日を早めに連絡が、お得です。


     


    ※シフトの関係などで、かなり先でも大丈夫です。


    午前(08:00~12:00)午後(13:00~17:00)夜(17:00~19:00)
    ※時間帯の調整は可能です。


    \一緒に治しましょう/


    電話予約も大丈夫です。お気軽に電話ください
    (月~土の08:00より応対)


    このページに戻れるよう、とりあえず「お友達登録」をお勧めします。
    友だち追加

    ※足チェック料金の1980円(税込)は、毎月・先着10名様までの特別料金です。なるべくお早めに。

    ※2月分は埋ました、3月分の予約を受付中です。

    ※キャンセル待ちも可能ですので、まずはご希望の日を教えてください。

    ※1か月待ちになることもあります。ご希望日時をお早めにご連絡下さい。

    LINE、お電話ではこちら

    LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    友だち追加

     

    0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)