内反小趾

長年のタコ・魚の目がなくなり、重度の外反母趾が改善した方(大阪府富田林市 50代 主婦)

 

大阪府富田林市にお住いの57歳主婦のC・Kさんの改善例のご紹介です。

 

まずはご感想から

 

ご来院までの経過

C・Kさんは何年も前からご自分が外反母趾だと気づいていましたが、

特に治療をしたことはありませんでした。

 

2年位前から、時々痛み出し

最近では、痛む頻度や、痛みのレベルが強くなってきました。

 

外反母趾の親指の角度も増してきたように感じ

慌てて当院へお越しになりました。

 

 

初診時の主訴

C・Kさんの親指の角度は、

一目診て重度の外反母趾と分かるくらい親指が大きく変形していました。

 

フットルックという専用の機器で測定すると

 

左36.1°

右45.5°

 

と左右共、重度の外反母趾でした。

 

痛みは全く感じておらず気にしていませんでしたが

左右とも20°を越える内反小趾もありました。

 

 

左右の足の親指の横には

大きく分厚い硬いタコが。

 

右足裏には、

硬い芯を持った魚の目がありました。

 

それらが歩く際に痛むことがあり、とてもお困りでした。

 

健康に対する意識の高い方で、

週に2,3回スポーツクラブへ行き、

マシン、ヨガ、エアロビクスなどで

努めて身体を動かしたり、足を使っておられましたが、

外反母趾・内反小趾・足裏の魚の目・タコに対する治療はされたことはなかったそうです。

 

初診時の足の状態(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

2020.9.17 左足 右足
外反母趾の親指の角度 36.1°(重度) 45.5°(重度)
内反母趾の小指の角度 21.1°(重度) 28.2°(重度)
足の横幅 10.7cm 11.3cm
ウィズサイズ 範囲外 範囲外

ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

範囲外とは足の横幅が広すぎてそこに当てはまらないという事です。

症状の経過

C・Kさんは、大阪府富田林市から

親指のタコ・足裏の魚の目・重度の外反母趾・内反小趾

を根治させようと

ご通院頂き、下記のように変化しました。

After(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

左右の親指の大きなタコも、右足裏の魚の目もキレイになくなりました!

After(数値での変化)

 

2020.9.17 左足 右足
外反母趾の親指の角度 36.1°(重度) 45.5°(重度)
内反母趾の小指の角度 21.1°(重度) 28.2°(重度)
足の横幅 10.7cm 11.3cm
ウィズサイズ 範囲外 範囲外

 

⇩⇩⇩⇩⇩

2021.1.14 左足 右足
外反母趾の親指の角度 36.1°➡23.9° マイナス12.2° 45.5°➡30.3° マイナス15.2°
内反母趾の小指の角度 21.2°➡21.1° マイナス0.1° 28.2°➡16.8° マイナス11.4°
足の横幅 10.7cm➡10.1cm

マイナス6mm

11.3cm➡10.2cm

マイナス1.5cm

ウィズサイズ 範囲外➡3E 2サイズダウン 範囲外➡4E 1サイズダウン

ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

外反母趾・内反小趾の角度、足の横幅、ウィズも大きく変わりました。

親指の大きく固いタコも、足裏の魚の目もなくなり、

とても喜んでいただいたのですが、

全く気にしておられなかった内反小趾の角度まで改善した事に大変驚いておられました。

 

外反母趾の角度に関しては、

 

左:36.1°➡23.9° マイナス12.2°

右:45.5°➡30.3° マイナス15.2°

重度の外反母趾中程度の外反母趾

と大きく改善したのですが、

 

『随分良くなったけど、もっと外反母趾を改善したいので引き続き頑張ります!』

 

と継続中です。

数か月後に足の再計測をしますが、

その時には更に改善した状態をご紹介できるのではないかと思います。

お楽しみに~!

残念ながらタコ・魚の目・外反母指の一般的な治療法は

ほとんどが対処療法だと感じています。

どういうことかと言うと

 

  • 固くなっているタコを削る
  • 外反母趾で変形している親指を、テーピングやサポーターで無理やり伸ばす。
  • 手術で変形している外反母趾の骨を削り伸ばす

 

これらは患部だけしか診ていない対処療法なんです。

 

  • タコが出来た原因は?
  • 外反母趾になったメカニズムは?

 

という事を考えないと、

原因がそのままだと必ず再発し、根治には至りません

 

足裏のタコや魚の目の処置は

「削る」、「患部に柔らかいものを貼る」

を考えるがほとんどだと思います。

 

しかし、足裏のタコや魚の目が出来る原因を解決しないと

かなりの確率で再発します。

そして、どんどん悪化していきます。

 

【皮膚科やフットサロンでタコや魚の目を削ってもらっている方】

【ハサミやヤスリを使ってタコや魚の目を削っている方】

 

ずっと足裏のタコや魚の目を削り続けますか?

 

足裏のタコや魚の目が出来る原因を取り除けば削らなくてもよくなります。

ぜひ当院にご相談下さい。

足裏のタコや魚の目が出来る原因をもっと詳しく知りたい方はこちら

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

放っておくととても危険 【足の裏のタコ・魚の目】【こんな対処をしていませんか?】 足の裏に出来たタコや魚の目を ヤスリやハサミで削っている 歩く時に当...

 

 

ご予約・お問合せ・ご相談は下記までお気軽に!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)

 

LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

 

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。