内反小趾

神戸市東灘区から電車とバスを乗り継いでお越しになり、外反母趾が改善された方(50代 会社員)

ご来院までの経過

Aさんは、20代の頃より革靴などを履いて歩く時に

外反母趾に痛みを感じていました。

 

病院を受診し、外反母趾用のサポーターを処方され使用した事もあったそうですが、

全く効果なく、逆に痛みが増したそうです。

 

最近では外反母趾の親指の角度も

以前より曲がってきたように感じはじめ、

 

革靴もスニーカーも

実際の足の大きさよりも大きいものでないと、痛くて履けない様になってきて…

 

『なんとかしないと悪化する…』

 

と兵庫県神戸市東灘区から、お越しになりました。

初診時の足の状態(足の圧力)

【足の問題点】

①浮き指
②足全体に圧が掛かっていない

①浮き指


左右共ほとんどの指
が地面に接地していません。


このままの状態で足を使うととても不安定です。

安定させるために腰や膝に力を入れるようになり、

それが膝痛や腰痛の原因になります。

実際にそれらの症状もありました。

 

②足の裏全体に圧が掛かっていない

足指だけではなく、足の裏全体に圧が掛かっていません。

俗に言う、地に足が着いていない状態です。

 

そのままではとても不安定な為、

親指に過度に力を入れて足を使っていると考えられます。

その為、左右の親指の付け根に固いタコが出来てしまっています

(下記画像参照)

 

これは大学病院等でも使用されている、

フットルックという専用機器の上に

約1~2分静止して立ってもらい測定するのですが、

その間も「フラフラして立ってられません…」と仰っていました。

初診時の足の状態(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

2022.5.19 左足 右足
外反母趾の親指の角度 23.6° 30.4°
内反母趾の小指の角度 12.7° 12.2°
足の横幅 10.1cm 10.6cm
ウィズサイズ 2E 4E

 

ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

初診時の主訴

足の親指の角度は、

 

左足:23.6°

右足:30.4°

中程度の外反母趾の状態です。

 

足の小指の角度は

12.7°、右12.2°

中程度の内反小趾です。

 

特に靴を履いて歩く時に外反母趾の変形の部分に痛みを感じ

常に、腰や膝にも不安感をお持ちの状態でした。

症状の経過

 

Aさんは外反母趾・内反小趾・親指付け根ののタコを治したい一心で、

兵庫県神戸市東灘区から、電車とバスを乗り継いでご通院頂きました。

 

「遠いのは全く問題ありません。

改善実績の優れた先生の指導を、

ぜひ南花台田辺整体院での治療をお願いしたいです」

 

と凄い熱意で仰って下さいましたので、

当院にご通院される事になりました。

 

その後、治療を重ね

 

治療期間:約4.5か月

通院回数:10回

 

後に測定すると、足の状態は下記のように変化しました。

After(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

After(数値での変化)

2022.5.19 左足 右足
外反母趾の親指の角度 23.6° 30.4°
内反母趾の小指の角度 12.7° 12.2°
足の横幅 10.1cm 10.6cm
ウィズサイズ 2E 4E

⇩⇩⇩⇩⇩

2022.10.8 左足 右足
外反母趾の親指の角度 23.613.6° △10° 30.4°15.1° △15.3°
内反母趾の小指の角度 12.7°12.4° 0.3° 12.2°10.9° △1.3°
足の横幅 10.1cm9.4cm△7mm 10.6cm9.9cm△7mm
ウィズサイズ

2EC

3サイズダウン

4EE

3サイズダウン


ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

 

とてもお困りだった外反母趾の痛みが無くなったのはもちろん、

親指の付け根のタコは全くなくなり

外反母趾・内反小趾の角度、足の横幅、ウィズも大きく変わりました。

※下記、ビフォアーアフター画像を参照

 

外反母趾の角度の変化

 

足裏圧力分布の変化

初診時は青の部分ばかり(青い部分は圧の掛かっていない部分)で、

地に足のついていない不安定な状態でした(画像左)

 

4.5か月後には、接地面積も増え

とても安定した状態になりました(画像右)

 

治療期間:約4.5か月

通院回数:10回

 

毎回、新しい事を教えて頂き、

来る度に、足の痛みも体も楽になっていくのを感じるので

神戸から電車とバスを乗り継いで通院するのは全く苦にならず、

楽しかったです。ありがとうございました。

 

と大変喜んで頂きました。

 

 

ご感想

外反母趾でお悩みでお越しになる患者様の中には、男性の方もおられます。

ハイヒールなんかは履きませんよね

(女装が趣味の方は履かれるかもしれませんが…笑)

 

ハイヒールはまだ履いたことのない中学生の女の子もお越しになります。

 

でも巷では『ハイヒールが外反母趾の原因』と言いますよね。

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

 

でも、それだとつじつまが合いませんよね。

全く履いたことがない人も外反母趾になっているのだから。

 

本当に『ハイヒールが外反母趾の原因』だとしたら、

それを止めれば外反母趾は改善するはずです。

 

でも履くのを止めて曲がった親指の角度がマシになった方

を診たことはありません。

 

という事は『外反母趾の本当の原因は他にある』という事ですよね。

 

それを変えない限り、ハイヒールを止めても、

テーピングやサポーター、インソールを使っても

外反母趾の改善には繋がらないという事です。

 

あなたの外反母趾を改善する為には、

『外反母趾の本当の原因』を知らなければ始まりません。

 

「ハイヒールを履いていたせいで外反母趾になってしまった」

「テーピングやサポーター、インソール、外反母趾用の高価な靴を試してみたけど改善せしなかった方」

 

1日でも早くご相談下さい。

あなたの外反母趾の本当の原因をお伝えします。

まずはそこからです!

ご予約・お問合せ・ご相談は下記より





    午前(8:00~12:00)午後(13:00~17:00)夜(17:00~19:00)

    LINE、お電話ではこちら

    LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    友だち追加

     

    0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)