院内感染対策

当院の新型コロナウィルス感染対策について

❶【飛沫感染対策】

 

飛沫感染対策としてマスクを着用させていただいております。

併せて、咳エチケットの励行をしています。

もちろん、マスクを付けたまま、ご来院いただいても大丈夫です。

施術ベッドに寝る際もそのままでも問題ありません。

(顎関節症の方は、顎関節の調整をする時だけマスクをずらせて頂くようお願いする場合があります)

 

❷【パーテーションの設置】

受付カウンターには飛沫感染対策で、アクリルパーテーションを設置しています。

圧迫感が出ないように、院のナチュラルな雰囲気に合わせて無垢の木材アルダー・ウォールナットを使用しておりますので

設置に気づかない方もおられます(笑)

 

 

❸【加湿空気清浄機の常時稼働】

独自の空気浄化技術、プラズマクラスター25000を搭載した、シャープの加湿空気清浄機を常時稼働させています。

プラズマクラスターイオンには40分以内に99.7%を不活化、すなわちウイルスを破壊し感染力を抑える働きがあるそうです。

※プラズマクラスターイオンによる不活化実証実験の詳細は一番下にリンクを貼っていますので参考にして下さい。

 

 

❹【手洗い・うがいの徹底】

 

手洗いは、お1人施術が終わるごとに石鹸と流水で念入りに行い、アルコールも併用しています。

また、うがいも小まめに実施しています。

毎朝、体温を測定して、コロナウイルスに感染した可能性がないか日々確認してから施術しています。

 

❺【手指の消毒対策】

 

手指の消毒対策として、

受付カウンター横に、自動手指消毒器を設置しています。

手をかざすと、適量のアルコールが自動噴出します。

衛生的に手指の消毒ができ、

デザインも可愛いと好評です。

 

 

❻【院内の備品や物品の消毒】

 

院内の備品や物品の消毒には、

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を用いてます。

ベッド・施術マット・施術マクラ・ソファー・机・椅子等、

人が触れる箇所すべて、使用前使用後に、

毎回、除菌・消毒を行っています。

ドアノブや扉、スリッパなど、多くの人が触れる箇所も細かい頻度で消毒しています。

 

❼【タオル等の洗濯・交換】

 

タオル等の洗濯には、

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を混ぜて洗濯をしています。

交換も都度行い、清潔な環境を整える努力をしています。

施術ベッドでうつ伏せになる際に、

直接顔に触れる部分には、

消毒後、お1人ずつ【使い捨てのフェイスペーパー】を使用しています。

手洗い後には【使い捨てのペーパータオル】をご用意していますので

安心してご利用ください。

 

❽【院内の換気】

 

感染予防の為、

院内は何カ所かの窓を開け、

サーキュレーターで常時換気しながら、

暖房を使用しています。

※院内の温度には気を配っていますが、肌寒く感じる場合は仰ってください。

※今年は電気代が怖いです(笑)

 

 

 

 

サーキュレーターで空気が滞る事のないようにし、常時換気をしています。

 

 

❾【院内の加湿】

感染予防の為

加湿器で毎時500ml以上加湿しています。

 

感染拡大防止対策への理解促進

感染拡大防止に向けた当院の取組みや、

患者様へのご協力のお願いについて、

ポスターを掲示しています。

 

 

会計処理

現金の受け渡しは、キャッシュトレイを使用しています。

キャッシュトレイの定期的な消毒や、

会計の都度、手指を消毒しています。

 

⓬当院の塗り壁に使用している漆喰(しっくい)が、不活化試験でヒト・コロナウィルスを100%死滅させることが明らかに!

詳細はこちら

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

https://nankadai-balance.com/post/post-3263

 

 

当院では上記のように、

大阪府の新型コロナウィルス感染防止ガイドラインに沿って

対策を行っていますので、安心してご来院ください。

何かご不安な点などありましたら、ご遠慮なくスタッフまでお声がけください。

参考リンク

大阪府新型コロナウィルス感染防止ガイドライン

厚生労働省

東北医科薬科大学病院

サラヤ

北里研究所とシャープの共同研究による検証結果はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。