内反小趾

病院で定期的に削っていた足裏のタコ、魚の目、外反母趾・内反小趾も良くなった方(大阪府河内長野市 60代主婦)

 

ご来院までの経過

 

Yさんは、10年以上前から

足裏のタコや魚の目の痛みでとてもお悩みでした。

 

横幅の広いゆったりとした靴や、

クッション性の良い靴

を選んで履いていましたが、

 

歩き出すとすぐに痛み出すので、

足裏のタコや魚の目が硬く分厚くなってくると、

病院で焼いたり、削ってもらっていました。

 

そうすると、痛みは無くなるのですが、

しばらくするとまた痛くなってくるので病院へ

というルーティーンになっていました。

 

最近では、

外反母趾や内反小趾の角度も増してきて、

足の形が変わってきたように感じてきました。

 

定期的に病院で削っても

足裏のタコや魚の目が、硬く・分厚く・痛くなる間隔も短くなってきて、

 

「このままでは歩けなくなるのでは…」

 

と危機感を感じ、当院にお越しになりました。

初診時の足の状態(足の圧力)

【問題点】

①浮指
②足の裏全体に体重が掛かっていない
静止して立った時に、
①浮指と②足の裏全体に体重が掛かっておらず、とても不安定な状態です。
測定時には静止して立ってもらうのですが、足元がふらつくと仰っていました。
そんな状態で歩いたり、お家での介護の際に少しでも安定させようと、
必要以上に足指や前足部(足の前半分)で踏みしめる足の使い方になっていることが考えられます。
その結果、
足裏のタコや魚の目が出来、
同じように足の親指や小指にも過度に力が入り、
外反母趾・内反小趾になってしまっていました。
足裏のタコを病院で削ってもらっても、
足の使い方はそのままなのでまた再発しているんですよね。

初診時の足の状態(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

2020.5.13 左足 右足
外反母趾の親指の角度 25.6° 32.8°
内反母趾の小指の角度 28.6° 21.4°
足の横幅 9.6cm 9.5cm
ウィズサイズ 2E 3E

 

ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

初診時の主訴

 

足裏のタコや魚の目が痛むのでそれを気にされていましたが、

 

左右共、足の親指の角度は

25°を越えており、中程度の外反母趾の状態でした。

右足はもうすぐ重度に届こうかという状態です。

 

足の小指の角度は

左28.6°、右21.4°で

重度の内反小趾です。

 

ご家族の介護もされており、

足で踏ん張ったり、力を入れる事も多い生活をされていました。

 

症状の経過

Yさんは大阪府河内長野市から

足裏のタコ・魚の目・外反母趾・内反小趾を治したい一心で、

ご通院頂きました。

その後、治療を重ね測定すると、足の状態は下記のように変化しました。

After(外反母趾の角度・横幅・ウィズ)

 

After(数値での変化)

2020.1.14 左足 右足
外反母趾の親指の角度 25.6° 32.8°
内反母趾の小指の角度 28.6° 21.4°
足の横幅 9.6cm 9.5cm
ウィズサイズ 2E 3E

⇩⇩⇩⇩⇩

2021.5.13 左足 右足
外反母趾の親指の角度 25.6°➡18.9° △6.7° 32.8°➡23.7° 9.1°
内反母趾の小指の角度 28.6°➡8.7° 19.9° 21.4°7.7° △13.7°
足の横幅 9.6cm➡9.1cm5mm 9.5cm➡9.3cm2mm
ウィズサイズ 2E➡EE 1サイズダウン 3E➡E 2サイズダウン


ウィズサイズとは、JIS(日本工業規格)が定めたの足囲サイズのこと

 

とてもお困りだった足裏のタコ・魚の目も痛みが無くなったのはもちろん、

外反母趾・内反小趾の角度、足の横幅、ウィズも大きく変わりました。

『通院し出してから全く削っていないのに、タコも魚の目もなくなりました』

 

『とても不安だったけど、引き続き、介護も頑張れます!』

 

と喜んでいただきました。

足裏のタコ・魚の目・外反母趾・内反小趾には必ず原因があります。

それを病院で削ったり焼いてもらうと

その時は、痛みも硬さもなくなり

歩きやすくなったように感じますよね。

 

中には、ご自分で爪切りやヤスリで切ったり削ったりしておられる方もおられるのではないでしょうか?

(傷口から感染や、角質の増殖が早まるのでお勧めしません)

 

でもしばらくすると

また硬く、分厚くなって痛みも伴いますよね。

 

それは足裏のタコや魚の目の原因がそのままだからです。

原因はそのままで、結果だけ変えようとしても無理なんです。

 

糖尿病の方が、甘いものをドカ食いしながら薬を飲んでも治りませんよね。

それと同じ事。

 

原因を変えていけば、

足裏のタコも削る必要は無くなり、外反母趾も改善します

 

 

『定期的に病院やフットサロンに足裏のタコや魚の目を取り除きに通っているけど、その繰り返し…』

 

『爪切りやハサミ、ヤスリ等を使ってタコや魚の目を切ったり、削っている』

 

『足裏のタコや魚の目が痛くて、歩いたり家事に支障が出ている』

 

『インソールが柔らかい靴や横幅の広いゆったりとした靴、足のサイズより大きめの靴しか履けない…』

 

お困りのあなた。

ぜひ一度ご相談下さい。

明るい未来が待っていますよ!

 

ご予約・お問合せ・ご相談は下記までお気軽に!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

0721-62-6662(受付時間中はタップで電話出来ます!)

 

LINE@でもご予約・お問合せ・ご相談受け付けています(24時間受付可能です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

 

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

 

足裏のタコや魚の目が出来る原因を詳しく知りたい方はこちら

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

https://osaka-gaihanbosi.com/%e6%94%be%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%a6%e3%82%82%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%80%80%e3%80%90%e8%b6%b3%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%83%bb%e9%ad%9a%e3%81%ae/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。